日本のろうそくの始まり

ろうそくは、日本にも早く仏教の伝来に伴って輸入されたらしく、奈良時代にはすでにろうそくが用いられていたことは確かで、747年(天平19)に記された大安寺の〈流記資財帳〉にも722年(養老6)の元正天皇から同寺に賜ったもののなかに 〈蝋燭40斥8両〉の品目がある。

大安寺

「天下大平、万民安楽」護国の官寺として、平城左京に、右京の薬師寺と雄を競った寺。日本仏教の源泉と称せられた寺。建築史、彫刻史上に異彩を放ち、印度、中国の来朝者の足を止めた進歩的な寺院。
これが南都七大寺の一、東大寺、西大寺に対して南大寺と称せられた大安寺なのである。

大安寺の南大門
大安寺の南大門
中門をくぐり本堂を見る
中門をくぐり本堂を見る

本堂
本堂
宝物殿
宝物殿

流記資財帳
流記資財帳

722年(養老6)の元正天皇から同寺に賜ったもののなかに 〈蝋燭40斥8両〉の品目がある。



大安寺への交通

奈良市大安寺2-18-1
TEL 0742-61-6312(代) FAX 0742-61-0473(専)

バス交通

〈大仏前・近鉄奈良駅・JR奈良駅〉より〈大安寺行・シャープ前行・北神殿行・王寺行・白土町行〉に乗り、大安寺バス停下車


楊柳観音立像
楊柳観音立像
四天王ノ内多聞天立像
四天王ノ内多聞天立像