【準備】
左側が蝋燭の芯
右側が木のくし

【ふり】
竹くし又は、木くしに溶かした木蝋と菜種油を混ぜたものを、芯をさす部分にかけて、後の芯のすべりをよくします。又、竹くし、木くしの抜けをよくするためです。


【芯さし】
芯を竹くし又は、木くしに刺します。

芯の先端に菜種油をつけ次に溶かした蝋をつける。2~3回同じ工程をします。


【かけ】
全体に蝋をかけます。

【乾燥】
全体を乾燥させます。


【もみづけ】
これを蝋燭の大きさにより数回から数十回くり返し行います。

【乾燥】
温度と湿度を適度に保ちながら、自然乾燥でゆっくり行います。


【削り】
つけが終わり乾燥後に包丁で表面を削り成形します。

【練り作業】
時間をかけ蝋を練ります。


練り終わったところ。

表面に熱い蝋を入れます


【削り】
つけが終わり乾燥後にカンナで表面を削り成形します。
カンナは、蝋燭の大きさによって、10種類使い分けます。

【削り】
つけが終わり乾燥後にカンナで表面を削り成形します。
カンナは、蝋燭の大きさによって、10種類使い分けます。


削り終わった蝋燭です。
次に下塗りをします。

【朱の準備】
〈白蝋〉を湯煎で溶かし適量の〈顔料〉を入れます。〈白蝋〉とは〈晒し蝋〉ともよばれ、1ケ月間、日光に当てながら漂白します。


顔料

白蝋


【下塗り終了】
下塗りが終了したところです。

【朱をかける】
朱を1本1本かけてゆきます。
顔料が沈殿しないよう、かき混ぜながら作業を行います。


【仕上げ乾燥】
朱をかけた状態で乾燥させます。

【上部(頭部)切り】
包丁で頭部を切り芯を出します。


【下部(しり部)切り】
寸法をはかり、あたためた包丁で蝋燭を切り揃えます。

【完成】蝋燭を切り揃えます。一本一本を丁寧に包装します。(蝋燭をいためないようにする為です)


【洗浄】
熱く溶かした蝋の中に、竹くし又は、木くしに附着している蝋を取り除きます。