【準備】
小イカリの形の和蝋燭の芯


小イカリの形の和蝋燭は竹のくしを使用します。(太い蝋燭は木くし)


木蝋を浮かしているところ。炭火にて溶かします。(九州産の木蝋)


【ふり】
全体に蝋をかけます。


木蝋を浮かしているところ。炭火にて溶かします。(九州産の木蝋)

【芯さし】
竹のくしに芯をさしてゆきます。


木蝋を浮かしているところ。炭火にて溶かします。(九州産の木蝋)

芯の先だけ菜種油をつけます


木蝋を浮かしているところ。炭火にて溶かします。(九州産の木蝋)

乾燥させているところです。


乾燥させているところです。


【かけ】
全体に蝋をかけます。


【かけ】
全体に蝋をかけます。

広げて蝋燭どうしがくっつかないようにしながら乾燥させます。


【もみづけ】 

【乾燥】
自然に乾かします。


【かけ】
全体に蝋をかけます。

【もみづけが終了】


【カンナ削り】
カンナで表面を削り成形します。
カンナは、蝋燭の大きさによって、10種類使い分けます。

【カンナ】
イカリの形をつくるための特注カンナです。先代より使い続けています。 


カンナで削ったものとまだ削っていない蝋燭。

 

【練り作業】
時間をかけ蝋を練ります。


練り上がったところです。 

練り上がったところに熱した木蝋を入れます。


練り上がったところです。 


練り上がったところです。 


【朱の準備】
〈白蝋〉を湯煎で溶かし適量の〈顔料〉を入れます。〈白蝋〉とは〈晒し蝋〉ともよばれ、1ケ月間、日光に当てながら漂白します。

朱の顔料


白蝋

【朱をかける】
朱を1本1本かけてゆきます。
顔料が沈殿しないよう、かき混ぜながら作業を行います。


【朱をかける】
朱を1本1本かけてゆきます。
顔料が沈殿しないよう、かき混ぜながら作業を行います。

【仕上げ乾燥】


【上部(頭部)切り】
包丁で頭部を切り芯を出します。

竹くしを抜き終わった状態です。


【下部(しり部)切り】
寸法をはかり、あたためた包丁で蝋燭を切り揃えます。

【完成】小さい朱イカリの形の和蝋燭の完成です。丁寧に箱に詰めてお客様の手に渡ります。


【洗浄】
熱く溶かした蝋の中に、竹くし又は、木くしに附着している蝋を取り除きます。この蝋もまた再生され蝋燭に生まれ変わります。

【燃焼】
油煙がきわめて少なく、柔らかい炎が松井本和蝋燭の証明です。